仕事に行きたくない人に試してほしい!体や心を回復する9つの対処法

ストレスがたまりすぎて「仕事に行きたくない」と思うことってありますよね。

長時間労働を強いられる、残業が多い、休みが少ない、嫌な上司がいる、ノルマが厳しい、人間関係が良くない……
そういったストレスに襲われ、朝起きて仕事の準備をするのが憂鬱だという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、まず仕事に行きたくない理由を冷静に分析し、その対応について考えるサポートをしていきます!

1:なぜ仕事に行きたくないのか原因を考えよう

一口に「仕事に行きたくない」といっても、さまざまな原因があると思います。対策をたてるにも、まずは状況を正しく分析してからが良いでしょう!

1-1:仕事が合わない・向いていない

「仕事が合わない・向いていない・仕事が覚えられない・仕事ができない」から辞めたい・・・という話はよく聞きます。仕事内容は入社してみないとわからないということもあり、入社はしたけど思ったような仕事ではなかった、また仕事そのものが向いていなかった、と後から分かることもあります。

はっきりと「これが原因」と言えるのであれば、後述する人間関係や就労時間、給与や休みの問題が改善されてももやもやとした気持ちばかりがつのるため、退職を視野に入れた方が良いかもしれません。

もちろん、やっているうちにやりがいを感じるようになる、ということもありますが、向いていないことを何年も続けていくのは大きなストレスです。
あなたの大切な時間を無駄にしないためにも、早めに決断しましょう。

1-2:人間関係が悪い、ハラスメントが多い職場

仕事そのものはやりがいを感じているが、職場の人間関係がよくない、上司と合わない、社風が合わない・・・これも非常に多い問題ですよね。

その相手が同格の同僚であれば距離を置くことも出来るかもしれませんが、上司であった場合はその関係を解消するのはかなり難しいことでしょう。パワハラ、モラハラが横行しているところも、同様に嫌な思いをすることが多く、いい仕事はできないでしょう。

1-3:労働内容、就労時間が過剰

一定量を超える仕事量は、心身に静かなダメージを与えます。さらに、成果が得やすい、目に見える仕事ならまだ達成感がありますが、ゴールが無い、あるいは見えない業務内容で過重労働・サービス残業・休日出勤・早朝出勤を強いられた場合、遠からず心か体のどちらかが悲鳴を上げ、何らかの自覚症状を訴え体調不良や鬱になるのは時間の問題です。

これはあなた一人がそういった耐性がないというわけではなく、ほとんどの人がそうなってしまいます。最悪の場合、過労死してしまう方や自殺を考える方もおられます。

1-4:給与、雇用形態などの待遇面での不満

年齢や業界全体を考えても平均収入が得られていない場合や、年間休日が少ない、ボーナスがない、福利厚生がほとんどない、業務内容に見合う賃金が得られない、会社の制度に不満があるなども勤務意欲を削ぐ大きな要因です。

後述する将来への不安はもちろん、休日に思い通りのお金の使い方ができず、節約を強制されることも何のために働いているのかと考えてストレスにつながりますね。

1-5:将来への不安

とりあえず働くことや収入に問題が無くても、その業界や会社の将来性、自分自身のスキル向上に疑問を感じていると、「ここにいることにどんな価値があるのか……」と考えてしまうと不安になりますよね。

1-6:肉体的・精神的に負荷が多いキツイ仕事

鳶職の場合は高所作業が多く危険ですし、土木作業員の場合は肉体的にかなりハードです。例え室内でも高温、低温の中で働かなければならない環境や、騒音や振動を伴う仕事、危険が多い仕事、座りっぱなし、立ちっぱなしといった同じ体制を要求される職場も労働環境が良いとは言えません。このケースの場合、疲れ果てて休日はどこにも行く気になれず貴重な休日を体力回復に専念しなければならないことにもつながり精神的にかなりキツイです。

1-7:仕事量が多い・成果の要求が高い

成果を重視する会社の場合、一人一人に対して求められる厳しい売上げノルマやタイトな納期などがあります。プレッシャーにさらされ続けると精神的ダメージが蓄積されていき悪い時は体調不良やうつ状態に陥ってしまうこともあります。

1-8:職場に起因しない自分自身の問題

職場に問題が無くても、家庭環境の悪化、けがや体調不良、育児によるストレス、など自分自身の生活面からくる意欲の減退もあります。

これらの原因は単体ではなく複合的である場合もあるでしょう。まずは自分自身の問題がどこにあるのか、よく整理してみることをおすすめします。

2:頑張って仕事に行かなければいけない人向けの朝のポジティブ習慣

仕事に行きたくない・・朝を迎えるたび憂鬱・・・朝起きるのが辛い・・毎日そう思いながら目覚めるのは本当に辛いですよね。
しかし、その気持ちも生活習慣を少し見直すだけでも改善できるかもしれません!

具体的な朝のポジティブ習慣を挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2-1:できるだけ朝日を浴びる

朝起きて、早い段階で日光を浴びると、セロトニンという脳内物質の分泌が加速します。これが脳内に多く存在していると、感情のコントロールがしやすくなりますし、ネガティブな気持ちも消しやすくなります。就寝する時にカーテンを少し開けておき、日光を受けながら目覚めるのも良いでしょう。

2-2:朝食はしっかりと食べる

栄養バランスが取れた朝食は、一日のリズムを整える効果があり、脳が活発に動くためのエネルギーにもなります。ご飯やパンなどの炭水化物だけでなく、できれば味噌汁や納豆、あるいはチーズやバナナなどを摂取すると、上記のセロトニンを生み出すもとになるのでおすすめです。

ただし、ここに上げた食材のみをとるのは偏りにつながりますから、できるだけバランスを考えた朝食をとるようにしましょう。心身の疲労から朝食を用意する気力がないという方は前日の夜に簡単に仕込んでおくのも手ですね。

2-3:就寝、起床のリズムを整える

寝る時間、起きる時間を一定にすることもセロトニンの分泌をスムーズにします。疲労回復の効果がある成長ホルモンは深い眠りを得ている時に分泌されると言われていますから、眠りの質を向上することも重要です。

2-4:少し早起きしてウォーキングやランニングをしてみる

有酸素運動を行うことで、ストレスを緩和し、セロトニンの分泌を促進することも出来ます。景色を見ながら、音楽を聴きながら……など自分に合う方法で楽しむのもいいですし、日によって違う道に行く楽しみ見つけるなども脳に刺激を与える効果があります。

他にも軽い体操やストレッチをするだけでも良いですし、体調が悪ければ深呼吸をするだけでも、副交感神経を優位にしてリラックス効果を得ることができます。これらの運動はエンドルフィンという脳内物質の分泌を促し、ポジティブな考え方ができるようになったり、幸福感を得やすくなったりするメリットもあります。

3:体と心を充電!明日から頑張れる心身回復法

せっかく休んだのであれば、頭を仕事から完全に引き離すことが重要です。以下のような行動で心身をリフレッシュしましょう!

3-1:積極的に身体を動かす

上にあげたような日常のジョギングやウォーキングでも大丈夫ですが、せっかく休みを取ったのであればもう少し普段できない事をやってみるのも良いかもしれません。サッカー、フットサル、などのチーム競技も人と接触することで仕事から頭を離すことができますし、ダンスなどのリズムをとる動作もセロトニンの分泌を活発にしてくれます。

もし人と会うこと自体を疲れていて避けたいと思う場合、市営のジムなどで普段は鍛えづらい部分を動かしてみるのもいいでしょう。

3-2:感動する映画やドラマを見る

笑えるような映画も心を軽くしそうですが、リラックス効果なら泣ける映画の方が高い、というデータがあります。涙を流すことで副交感神経が働いて、睡眠と同様のリラックスが得られると言われています。

3-3:友人や家族と楽しく過ごす

仕事から離れた関係でのコミュニケーションを取れれば、方法は何でも良いでしょう。誰かと一緒に買い物したり、食事に行ったりするだけでもリラックス効果があります。相談することが問題なければ、日ごろ辛いと思っていることを打ち明けてみても良いでしょう。

自分一人では思いつけない対処方法をアドバイスされて何かの糸口になることもありますし、解決が得られなくても話を聞いてもらうこと自体がストレス発散につながります。

3-4:家の掃除をしてみる

ストレスがたまって仕事に行きたくない、という状態のときは家の中も散らかっているのではないでしょうか?そこで思い切って断捨離をしてみたり、普段やらないような拭き掃除などをしてみたりしましょう。

部屋がキレイになるという結果は当然スッキリ感に満たされますし、「目標を持って何かを行うこと」は辛いことから思考を遠ざけるには良いことです。

3-5:カラオケなどで大きな声を出してみる

大きな声を出すこともリラックスできますから、カラオケで自分が好きな歌を歌うことは大きな効果があります。親しい人と行ってもいいですが、人に会うのがおっくうだったり、人目を気にせずひたすら歌い続けたりするには一人で行くのも良いでしょう。

最近では一人専用のカラオケ店も増えてきているので、そういったお店であればカラオケに一人でいくことに引け目を感じる必要はありません。

4:仕事があまりにも嫌だという方は、退職も視野に入れよう

仕事に行きたくない」というときの対処方法を具体的に挙げてきました。自分に合った方法を試して、スッキリ仕事に専念できるようになることが望ましいですが、これらであまり効果が得られない、という時は退職を考えるタイミングかもしれません。

何週間にもわたって「仕事に行きたくない」「会社を休みたい」という気持ちに包まれ、それを打ち消せないという人は、うつ病の入り口に立っている可能性があります。過去には転職は不利と思われていた時代もありますが、今は1度や2度の転職は珍しいことではありませんし、シンプルに今までの失敗を踏まえて改善するという姿勢は誰に対しても恥ずかしいことではありません。

企業の側でも、ある程度の経験値を持ち、しかも社会人としての教育を受けている人を積極採用するところも増えています。何よりもキャリアや業種にもよりますが人員不足な会社が増えてきていますから、下手に会社に居続けるよりも売り手市場のうちにさっぱりと転職するほうが賢い場合もあります。

5:まとめ

いかがでしたか? 会社に行きたくない、という悩みは、ちょっとした生活習慣の改善で解消・緩和できる可能性があることがご理解いただけたかと思います。

悩んでいる時は何もする気にならないのが実情かもしれませんが、小さなことでも何か取り組んでみるのはとても良いことです。また、それらの方法があまり合わなかったとしても、少しずつ自分に合った方法を模索していけばいいのです。自分自身の大事な人生ですから、健康で楽しくイキイキと過ごせる方法を見つけましょう!

退職代行サービスでスムーズに退職しませんか?

「会社の人と顔を合わせずに退職したい」
「とにかく一刻も早く退職したい」
「無断欠勤中だけど辞めたい・・」
「親にばれたり家に連絡がくるのは絶対に嫌!」

職場からの退職について上記のような悩みを抱いている方も多いですよね。
このブログを運営している株式会社ニコイチではそんな悩みを抱える人に向けて退職の電話代行サービスを行っています。

少人数体制の事業所だからこそ実現するきめ細かいあなたに寄り添ったサポートであなたの退職に関する悩みを確実に解決いたします。

・退職代行実績4000件超!確かな実績に基づいた退職プロセスで問題解決率ほぼ100%!

・上司や職場の人と顔を合わせる必要一切無し!あなたは会社に行かなくても退職できます。

・男性スタッフ・女性スタッフが常時対応。 

・あなたの希望をヒアリングして一番ベストな解決に導いていきます。

あまり耳馴染みのないサービスで不安という方も多いですよね。

以下ボタンのリンク先ページで実際に利用された方の声料金・退職までの流れ・疑問点などを解消してみてください。

また、ご相談は無料ですので気になる方はお気軽にお問い合わせください。
あなたの個人情報やプラバシーは完全にお守りいたします。